1. ホーム
  2. サーボオプション・ハーネス
Option

SGS-01D

商品画像

ドリフトカーに特化した
「モーション コントロール機能」を装備し、
実車の走りが再現可能に!


●RCドリフトカー専用ジャイロシステム
●スーパーレスポンス(SSR)対応
 ※RX-472、SUPER VORTEX ZEROとの
  併用でSSLシステムと同期します
●ノーマル/アグレッシブ(2モード対応)
 SANWA独自の新機能で”曲がる“ジャイロを実現!
●プロポからの調整が可能!
 CODE AUX(モーション コントロール機能)
 コーナーリング時のサーボの動作を調整でき、
 よりリアル感が高いステアリング動作が可能
  ※対応機種:M12,EXZES Z,MT-4S
 AUXリモート(ゲイン調整)
  ※対応機種:3ch以上の送信機
●ゲイン調整用リミットボリューム装備(本体)
●SANWA製全サーボ対応

寸法

30.0x23.2x8.0mm

重量

10g(コード、コネクター含む)

電圧

3.7~7.4V

製品コード

107A54195A

JANコード

4944683028189

価格

¥7,200(税別)

☆ワンポイントアドバイス☆


レーシングモードでより細かな設定を活かす事が可能です。


【設定方法】 

M12送信機側でR-MODE INHからACTで有効にします。

次にSEPARATECODE AUX2ONに設定します。

MT-4Sの場合はそのままCODE-AUX設定に入ります。


CODE AUX2CODE4CODE5GYROの設定機能が割り振られますので

必ず設定値を各モードR1からR5までそれぞれ入れて下さい。

例として10%刻みで設定されて、R-MODEを切替えて自分のイメージする

動きに近い数値のところを選び、そこの数値を微調整するとよいでしょう。

※設定値が0%ではCODE-AUXでは動きませんのでご注意ください。


CODE4でゲインを始めに50%辺りに設定しておきます。

車体を動かしてサーボの動く量が大きい様であれば数値を下げて行きます。

車体やサーボにもよりますが20%から50%辺りが良い様です。


CODE5でアクティブレンジの設定値を50%辺りから始めて下さい。

R-MODEでそれぞれを10%刻みで設定しておき動く感じで増減して

合わせ込みますとより走りやすくなります。


是非お試しください。

page up