1. ホーム
  2. サーボ
Servo

PGS-LH NEW

商品画像

●SSL対応 プログラマブルサーボ
 ※CODE10(M12S(RS), EXZES ZZ, MT-44)に対応
  CODE 5(M12,EXZES Z, MT-4S,MT-4,MT-S)
  には対応しません
●PGS SETTING GEAR対応
●スーパーレスポンス(SSR)モード対応
●ハイレスポンス(SHR)モード対応
●Li-Po 2セル対応
●ハイスピードタイプ
●ブラシレスモーター採用
●フルメタルギヤ仕様(強化タイプ)
●フルアルミケース装備

速度

0.09sec/60°(7.4V)
0.11sec/60°(6.0.V)

トルク

15.6kg・cm(7.4V)
12.8kg・cm(6.0V)

寸法

40.2x20.5x26.0mm

重量

53g

製品コード

107A54471A

JANコード

4944683033008

価格

¥25,000(税別)

■完全新設計により、制御方式を一新することで、操作に対するレスポンス、外的要因に対するレスポンス
 の大幅アップを実現しました。
■SSLとテレメトリーに対応したSANWA初のサーボで、送信機からワイヤレスでリアルタイムに設定変更/
 セッティングギアにサーボを接続して設定変更。
 ※SSL接続が出来ないジャイロ(SGS-01C/01D)を使用すると、SSL機能を使用しての送信機からの設定
  変更は出来ません。

■サーボ内部の温度、電流、電圧、ボリューム位置データを送信機へテレメトリー通信が可能なので、サーボ
 の状況を随時チェックする事ができます。※PGS SETTING GEARでの初期設定が必要です。
■設定項目:◯SSL-CH(SSLチャンネル設定) ◯STRETC(ストレッチャー調整) ◯BOOST(ブースト調整)
      ◯D-BAND(デッドバンド調整) ◯MV-MID(中間トルク変化調整) ◯MV-END(後半トルク調整)
      ◯BRAKE(ブレーキ調整)
      ●MV-HOLD(全域にわたるパワー感調整) ●MV-FRQ(全域にわたるフィーリング感調整)
      ●MAX-PW(MAXデューティー調整)
      ●印の設定にはPGS SETTING GEARが必要となります。
 ※M12S, M12S-RS, EXZES ZZのページにテンプレートをアップしておりますので、ご利用ください。


【PGS⇔SRG比較動画】


【SRG-LH 設定参考データ(ダウンロード)】
●カテゴリ別 ベースセット(PDF)


●サポート選手参考セット(PDF)


【設定項目をわかりやすくグラフ化(ダウンロード)】
●設定項目グラフ(PDF)


YOKOMO製ジャイロ『YG-302』対応ファームウェアアップデート
【アップデートのやり方】
1、まず下記のリンクからアップデート用ファームウェアをダウンロードしてください。
  PGS-LH専用ファームウェア(PGS-LH_P5101104)
  ※PGS-XR,XBには使用できませんので、絶対にアップデートしないでください。
  ダウンロードが完了したらファイルを解凍しておきます。
2、パソコンにmicro SDカードを接続し、micro SDカードのrootに「1」で解凍した
  ファイル『P5101104.PRO』をコピーして貼りつけてください。
3、次にPGS SETTING GEARに「2」で作成したmicro SDカードと、
  アップデートしたいサーボ(PGS-LH)を接続し、電源を投入します。
4、「SERVO CONNECT OK?」と表示されましたら、BACKキーを3回押して、
  トップ画面「PGS SETTING GEAR SANWA V51.******」に戻ります。
5、▲SELECT▼キーで「SERVO PROGRAM UPDATE [3]」に移動し、
  ENTERキーを押します。
6、▲SELECT▼キーでアップデートファイル『P5101104』を選択し、ENTERキーを
  押してアップデートを実行します。(実行後10数秒で完了します)
7、アップデートが完了となりましたら、メニュー画面の「INFORMATION (VERSION) [4]」
  で、PGS:V51.01R104 となっている事を確認して、終了します。


page up